ALICE ANTIQUES BLOG-annex

            ブログアーカイブ:2008.Oct.〜2015.May           

描かれた銀器たち

バロック時代、1630年頃のフランドル絵画。



200年程前の銀器は、本物を見る事が出来るのですが、
それ以前の銀器はどうだったのか、といえば、
17世紀の静物画には、たくさんの銀器が描かれています。

特に海洋貿易で、大きな国力を蓄えたオランダでは、
静物画がとても人気がありました。

絵の中に、高価な銀器や東洋からの陶磁器、グラスなど、
庶民には到底手の届かない品物が、数多く描かれています。
それというのも、実際にこれらを手に入れる事は難しくとも、
絵に描かれたものならば、庶民にも手に入ったからです。

今のお金に換算して、数千円から数万円でこういう絵を買う事が出来たといいます。
それを自宅に飾って楽しむのが、庶民の楽しみでもありました。

画家は、これらの高価な品物を、絵を依頼して来た貴族や裕福な商人から借りたり、
仲間内で、お互いに貸し出したりして、絵に描きました。

以下、ネット上からそういう絵を拾い集めてみました。
絵画鑑賞会です。
すべて1600年代のものです。
オランダ、ベルギー、スペインの画家の絵です。

Jan-Davidsz-de-Heem-Fruit-Still-Life-with-a-Silver-Beaker-1648.jpg

39191742_20120626232201.jpg

kalf1_20120626232204.jpg

jandavidszdeheem_still-life2.jpg

よく知られた、スルバランの「レモンとオレンジと薔薇」
右端と左端のお皿が銀製です。
zurbaran_lemons00.jpg

 ♣シルバー

2 Comments

Edwardian dreams  

わ♪

一番上の絵のワインテースター? かわいいですね♪
絵画の中で 家具や銀器が実際に使用されているのを見ると、新しい発見がありますね。
特に下から三番目の、ウォーマーのような物、何を温めているのでしょうか。 興味深いです。 

ソルト用の容器のお話も面白かったです。

スルバラン、私スペインバロック絵画が一番好きなんです^^

2012/07/16 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   

アンティークなカード屋さん  

Re: わ♪

コメントありがとうございます♫♫
わたしも、こうして絵の中にシルバーとか陶磁器とか描かれてるの、大好きです。
3枚目の絵、アルコールランプがソースパンみたいな形だし、その上のはスープ?、あるいはマフィン入れとか。
古い時代のものって,何に使われてたかわからないものもあるし...
V&Aへ行くと何かわかるかもしれません...行ってみたいです☆☆

2012/07/16 (Mon) 22:18 | REPLY |   

Leave a comment