ALICE ANTIQUES BLOG-annex

            ブログアーカイブ:2008.Oct.〜2015.May           

アメリカのシルバースプーン

アップしたアメリカンシルバーのフラワースプーンですが。
アメリカのスプーンは,19世紀末以降は,ほとんどが鋳造(型抜き)です。
なので、同じデザインがたくさんあって、セットでそろえるにはありがたいです。
しかも、両面装飾で,華やかなのもうれしい。

ということで、好きなデザインのスプーンはいつでも手に入る、と思ってましたが、
最近はそうも言ってられなくなりました。
探しているシルバーが見つからない、どこにもないのです。

やっと見つけたと思うと、ものすごく高くなっていてびっくりします。
銀の高騰のせいですが。

03_20120131215032.jpg
スプーンを裏から見た所。裏側もとっても美人です。



だから最近は見つけたら、とりあえず買います。
次に出会えるのがいつになるかわからないのです。

私自身、ふだんからアンティークのシルバーを使っています。
シンプルな英国3点ティーセットと、スプーン,フォークなど。
スプーンはアメリカンシルバーです。
Towleのオールドコロニアルというパターン。登録は1895年です。

このスプーンを何年も使っていて気がついた事があります。
たくさん作られてて、手に入れやすいスプーンですが、
でも、実はそうじゃなかった。

1本1本、形がわずかに違っていて、
古い物は、デザインもきりっとしててスレンダーだと気づきました。
パッと見てここが違う、とはっきりいえないのですが、
あきらかに印象が違います。
なので,最近はその古くてきりり、なオールドコロニアルをさがしています。

ただこのパターンも以前より見つかりにくくなってしまったように感じます。
$(KGrHqR,!nUE63Tf6mueBPC1390m(!~~60_3
これは戦後,1940年代以降の物だと思います。
ボウルの付け根部分のデザインが,古いものと微妙に違います。

 ♣シルバー

0 Comments

Leave a comment